ストレス社会と言われる現代、精神疾患の患者数は増加傾向にあります。
近年の研究により、栄養学的問題が精神疾患の発症や経過に影響を与えることがわかってきています。
うつ病では、肥満、メタボリック症候群、糖尿病など、エネルギーの過剰摂取が主因となって引き起こされる病態と、双方向性の関連があることもわかってきています。
当研究会は、「メンタルヘルス(直訳で心の健康)と栄養の関係を勉強し、栄養士としてメンタルヘルスに問題を抱える人々へ栄養支援を行える人材を育成する」ことをミッションとし、2018年に発足しました。
これまでに6回の勉強会や、栄養士支援講座を行ってきました。
今後は、精神と栄養について興味のある方や学びを深めたい方を、部を越えて広く呼びかけ、情報共有や交流の場にしていきたいと思います。
ぜひ、多くの方のご参加お待ちしております。

【これまでの活動】

2022年2月11日 第6回勉強会「アルコール依存症のこころと栄養の問題」

2021年10月17日 第5回勉強会「精神科における栄養管理と栄養指導を考える」

2020年10月18日 HNS栄養士支援講座「精神疾患のある方の栄養支援を考える」

2020年1月26日 第4回勉強会「うつ病とは、疾患理解」

2019年12月15日 HNS栄養士支援講座「精神栄養学入門」

2019年4月13日 第3回勉強会「うつ病患者の栄養管理と栄養指導、症例紹介」

2018年12月1日 第2回勉強会「メンタルヘルスと栄養、書籍紹介」

2018年7月1日 第1回勉強会「うつをやわらげる栄養とは」