HNSは大阪市立環境科学研究所附設栄養専門学校の出身者を中心に、栄養の正しい理解と向上を図る活動している団体である  
健康栄養支援センター
地産地消 
 健康は食卓にあり 命のスペシャリスト栄養士 
HNSの農人応援
HNSでは、食卓を支えてくれる農家(農人)さんを応援します。
熱い思いで美味しい野菜づくりをして下さっている農人さん達と、その野菜の栄養を語り、美味しく食べる方法・レシピなどを伝授できる栄養士。
この 農人×栄養士 で今後、イベントの共同や多岐にわたる販売方法の開拓などを進めていきたいと思っています。
地産地消
 

地産地消(Local Production for Local Consumption) とは

地域で生産されたものを、その地域で消費すること。消費者の食や環境に関する安全・安心志向の高まりを受けて、生産者との「顔が見える」関係の構築に役立つ地域発の動きとして注目され、地産地消を意識して農産物を生産、販売する生産者や、買い物をする消費者が増えている。国は、地産地消が食料自給率の向上に必要であると位置づけ、推進体制の整備や地域計画の策定などを支援している。また、食育や地域活性化につながるなど、生産、消費の両者から大きな期待が寄せられています。

なにわ伝統野菜


大阪は 江戸時代「天下の台所」と呼ばれたように、古くから食文化が栄え、その食文化を支える大阪独特の野菜が多数ありました。しかし、戦後、農産物の生産性を上げるための品種改良や農地の宅地化、食生活の洋風化が進み、地域独特の歴史や伝統を有する品種が次々に店頭から消えていきました。

 近年、こうした伝統ある野菜を見直そうという機運が高まり昔ながらの野菜を再び味わってもらえるよう、大阪府では関係機関と協力し、各地域の農業者が守ってきた「なにわの伝統野菜」の発掘と復活に取り組んでいます。(大阪府HP)

なにわ伝統野菜キャラクター

HNSのなにわ伝統野菜キャラクター
                                            ※無断使用禁止

大阪府ホームページ参照
なにわ伝統野菜を使用した、講習会や食育を行う事が可能です。
お問合せ下さい。


過去の「なにわ伝統野菜:田辺大根」を使用した食育の様子
011年11月12日 大阪市学校給食主催 なにわっこクッキング「田辺大根」 講師:達家敬子
キッズプラザにて 午前と午後にわかれて実施
なにわ伝統野菜の田辺大根に実際に触れて文化を学びました。
 
なにわっこクッキング なにわっこクッキング 大根もち、大根葉プリン

農家×HNS


HNSでは農家さんとコラボして、味覚狩りや料理教室などを開催しています。
採れたての美味しい野菜や果物と栄養学をかけあわせて毎回大好評頂いてます。
■過去のイベント

                  ◇味覚狩りイベント
             「柿狩り&おいしい秋の薬膳レクチャー」

               柿狩り 春菊狩り  

内容:秋のおいしさを、とれたてで!なかなか行く機会も少ない農園にお邪魔して、柿狩りを楽しみ、農の現場を体験や交流をしませんか?そして薬膳料理という一見難しそうな内容も、分かりやすく、おいしく試食しながら学べるプチレクチャーつき。薬膳の基礎から秋にぴったりの栄養と食材選びの方法まで、楽しく解説します。あなたの体質がわかる、かんたんチェックも開催!旬の果物と野菜を味わいながら、秋の健やかな食養生を実践していきましょう!

講師:新田理恵(管理栄養士・国際薬膳調理師
MENU:秋の味覚!柿と春菊を使った薬膳メニュー(試食程度)
費用: 2500円(柿狩り、軽食、資料、保険代込み)   
定員:
20名(先着順) 

柿狩り 柿 柿狩り


◇丹波篠山餅つき・黒豆(枝豆 有機無農薬)収穫体験ピクニック 

黒豆枝豆 ピクニック

内容:日本の旧家での餅つき、搗き立てのお餅で安倍川餅や餡餅、雑煮などを作り、昼食とします。篠山で暮らす旧家の奥様より篠山の食生活や文化についてお話を聞き、大豆についても学びます。午後からは、畑に入って有機無農薬栽培の黒豆(枝豆)の収穫を行います。少量ですが黒豆(枝豆)もお土産で持ち帰ります。とっても美味しい丹波黒豆をご堪能下さい。
講師:ダニエル純子 (管理栄養士・健康食育シニアマスター・国際栄養部 部長)
    酒井紀子(篠山在住)

実習内容:餅つき体験、つきたてのお餅で、安倍川餅、餡餅、お雑煮などを作り頂きます。畑にて黒豆の収穫、葉落とし作業をします。黒豆農家若宮さんより枝豆の茹で方などを伝授。
※昼食はお餅になりますが、必要であればお弁当など昼食をご持参下さい。
※黒豆のお土産は付きますが、希望者には、別途販売もしていただけます。  

丹波篠山 丹波篠山 丹波篠山


農体験講座 「寝苦しい夏をのりきる知恵を身につけよう
 &甘すぎる【うまプチトマト狩り】」

                                 協賛:(合)F.Pイタリア
                                 Ciao Mami

     
内容:・夏の寝苦しい夜を快適に過ごすための方法を学び、規則正しい生活の大切さや旬の食材を日々の食事に取り入れることの重要さを睡眠学と栄養学両面から学びます。寝苦しい夏をハツラツとのりきる為の知恵を身につけられる内容です。トマト農家さんの直接指導を受けながらプチトマト狩りも体験します。農体験と睡眠学、栄養学を学ぶチャンス♪親子参加も大歓迎です。美味しいトマトでトマト嫌いのお子様も克服できる可能性大!

講師:中尾真樹(栄養士、睡眠健康指導士、青年成人栄養部部長)
場所:キノシタファーム(大阪府岸和田市三ヶ山町1354)

メニュー:プチトマトのブルスケッタ他 ※内容は変更する場合があります


  

食品加工品の企画開発



農家さん等、生産者とのコラボ商品を作ってきました。

■地域の野菜を広めたい
■野菜の美味しさを広げたい
■流通にのれないようなB級品の野菜などを上手く活用したい
■1年中安定した供給をしたい

-過去の実績-

         
濃厚みかんジャム

「古川農園」さん、第二弾!
贅沢に富田林産みかんをふんだんに使って、濃厚に作り上げた贅沢ジャムです。
シンプルに材料はみかんと砂糖のみ。
みかん独特の風味が生かされ、お料理ソースやドリンクなどアレンジも自由自在です(*^。^*)

     みかんジャム


          大阪なすでみそ
大阪府富田林市の「古川農園」の美味しい【大阪なす】を使って、食品加工品を作りました。
※今年はプレ販売になります。
           大阪なすでみそ

          大阪茄子でみそ  
大阪なすとは・・
大阪なすは南河内の特産品です。
艶が良くて、ボリュームがあり、どんな料理にも合います。特に油と味噌との相性は抜群です。
大きくて、種なし茄子の為、身が柔らかく口当たりまろやかな茄子です。

         大阪なす
古川農園とは・・
古川農園は種をまき、苗を育てて、実り待つ。種から一貫して育てて、一年を通して茄子と共に生きています。
農業とは「生活」することであり、「人生」そのもの。
人の数だけ農業があり、農業の数だけ人生がある。
そして人の「命」を支えているのだという、誇りと責任感を持って農業に取り組んでいます。

           古川農園
          古川農園

大阪なすでみそ

HNS開発商品
美味しさとナスの栄養「ナスニン」をそのまま残すために、なすまるごと使用した栄養加工品。
大阪なすを60%以上も使用し、完全無添加にこだわりました。
ナッツのコクも入り、なすのとろけるまろやかさと味噌の味がマッチング♪
そのままでもお料理の調味料としても使い方自由自在。
野菜につけて、ご飯にのせて、そのままお酒のつまみにも食べてみそ☆
※大阪府の大阪産(もん) 府内産なすを使用した加工品として認可されました。


                   大阪産
【大阪なすでみそ】はこちら↓で販売しています

(株)いずみ・ファーマーズ 葉菜の森
〒594-1134 大阪府和泉市大野町973−3 地図 >>
定休日:毎週木曜日・その他正月休みなど、営業時間:午前9:00〜午後5:00


富田林市農業公園サバーファーム
大阪府富田林市甘南備2300 
定休日:毎週月曜日(祝日の場合翌平日)


【大阪なすでみそ】de作ってみそ 〜美味しい食べ方のご提案〜
■付けてみそ♪
                       なすみそレシピ
野菜たっぷり付けてみそ!
きゅうりやトマト、大根や人参との相性◎!!
スティック状に切った野菜に付けてお召し上がりください。
あつあつご飯にものせてみそ!
白ご飯がどんどん進みます


■混ぜてみそ♪

                         〜大阪なすでみそマーボ〜
                     なすみそレシピ
【材料】1人分 約235kcal

 豆腐  100g
 大阪なすでみそ  50〜60g
 醤油  大さじ1
 青ネギ  適量
 豆板醤  お好みで
 にんにく  お好みで
 片栗粉  適量

作り方
@フライパンでにんにくを炒める。
 水(または鶏ガラスープ)120ccを入れ、沸騰したら切った豆腐を入れる。
A大阪なすでみそ、醤油、豆板醤を入れて水溶き片栗粉でとろみをつける。青ネギを飾る。


■はさんでみそ♪
                          〜大阪なすみそカツ〜
                      なすみそカツ
【材料】1人分 約351kcal

 豚ロース肉(しょうが焼き用) 2枚 
 大阪なすでみそ  20〜30g
 青シソ  1枚
 小麦粉  適量
 卵  適量
 パン粉  適量

作り方
@2枚の豚肉で「大阪なすでみそ」と青シソをはさむ。
A小麦粉、卵、パン粉をつけ、170〜180℃の揚げ油でさっくり上げる。

 
   copyright ©health nutrition support center all rights reserved.

shohin.htmlへのリンク